のんびり生きたい

日々の出来事を書きます

IPv6

自宅のインターネット通信回線が、PPPoEからIPoEに変わりました。

プロバイダがOCNです。v6アルファというオプションを申し込んで、IPv4 over IPv6 を有効にしてかつ、IPoE接続ができるWi-Fiルーターをレンタルしました。

申し込んだ数日後には、「IPv4 over IPv6 はデフォルトで提供にするよ」という発表があって驚きました。

NTT Com、IPoE IPv6インターネット接続を無料提供、OCNの対象プラン向け


この発表前に申し込んだので、ルーターがレンタル0円が適用される契約でした。
発表されていたら、自分で IPoE 接続対応のルーターを買っていたと思います。


PPPoE と IPoE の違いについては、どこかで調べていただくとして、IPoE接続にするとおそらく早くなるぞ、ということで切り替えた結果がこちら。

測定結果の詳細_みんなのネット回線速度_みんそく_

測定は15時過ぎですが、下りで600Mbps を超えました。
測定に利用したサイト:みんなのネット回線速度(みんそく)


切り替え前の数値がなくてゴメンナサイ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に本ブログにて、IPv6接続ができない旨を書きました。

フレッツ光ネクストでのIPv6接続について

これを投稿したのは、2017年2月17日でした。


私が利用しているプロバイダーはOCNです。
NTTコミュニケーションズのサイトを確認すると、岐阜県内でのIPv6接続の提供が2017年2月22日から開始されたことが記載されていました。

http://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ipv6.html

私の確認ミスもありますが、あと1週間待っていればIPv6が降ってくる、そのような状況でIPv6について調べていたのです。

実際に確認サイトを利用すると、このように表示されました。

http://test-ipv6.com/

あなたの IPv6 をテストしましょう。

問題なく IPv6 接続になっています。

ルーターなどの設定は変更していません。
プロバイダーの対応待ちだったということです。


現在は、この混雑時間帯でも通信速度が、100Mbps程度出ているようです。
iPhone SEでの測定結果を貼り付けます。
Wi-Fi ルーターは別付けで使用していますが、IPv6ブリッジを設定することでIPv6接続が可能です。
IMG_8615


速度が速いのは、IPv6接続を使用しているユーザーが少ないからでしょうか?
IPv6にすると速くなる、という仕様は聞いたことがないのでわかりかねます。








このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の住まいでは、フレッツ光ネクストを契約してインターネットを利用しています。

IPv4での接続らしいのだが、IPv6での接続はできるのかどうかを少し調べてみた。

現在の環境
・NTT西日本のフレッツ光ネクスト
・接続端末はPR-400NE
・プロバイダーはOCN



OCN のサイトを見たところ、PR-400NE という端末でのIPv6接続については触れられていない。
代わりに、同じような型番の PR-400MI という端末が紹介されている。

https://support.ntt.com/ocn/support/pid2990013546


この時点で、OCNを利用しているかつPR-400NE の組み合わせの場合は、IPv6接続は不可能なのかな?と思った。

ヒントを求めていたところ、以下の問答を教えてくれた人がいた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14146549084

回答については、
・IPv6の接続IDが自動で設定される
・セッション数が足りない

の2点である。

IPv6アカウントが自動設定されるのは目視で確認できた。これはIPv4接続をした上でIDを自動的に当てはめているようだ。
OCNのサイトにIPv6接続をする場合のIDについて記載があるが、端末のIDを手動で書き換えることはできない。 


そもそもセッション数が足りないというのは盲点だった。
IPv4接続をして、IPv6のIDが自動的に設定される。しかし、IPv6接続は「待機中」となり接続できない。

回答者のいうとおり、フレッツ回線の標準的な契約ではセッション数は2であり、 そのうちのひとつはフレッツサービスを利用する段階で既に消耗していることになる。

PR-400NEはIPv4接続が前提での、IPv6接続が自動設定となる。
すなわち、フレッツサービス+IPv4+IPv6=3セッション必要ということになる。

セッション数の増加は、NTT西日本への申し込みで有料で可能であることはわかった。


インターネット全体が IPv6 に対応してしまえば、IPv4接続が不要になることも想像できるが、 
現状では IPv6必須とは感じられない。

ということで、私の利用している環境では、IPv4のみの接続を継続して利用することになるようだ。




----
追記:IPv6接続が可能になっていることがわかったので、新たに記事を書きました。
IPv6接続が可能になっている件について【フレッツ光】【OCN】



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ