のんびり生きたい

日々の出来事を書きます

ライオン

以前に、電動歯ブラシを使い始めたことや、液体歯磨きを使ってみたことを記事にしました。

液体歯磨きと電動歯ブラシの相乗効果


現在使っている電動歯ブラシは、ライオン システマ 音波アシストブラシ、液体歯磨きは、ライオン システマEXデンタルリンス レギュラータイプです。

これに加えて、一日に1回はフロスで歯間の汚れを取り除いています。

悩んでいた歯周病が激減して、非常に助かっています。

音波アシストブラシを使用していて気がついたのは、「ゴシゴシ」と磨かないこと。
そうすると、歯の表面に汚れが残り着色するようになりました。

磨いたという感覚がないなと思っていたのですが、やはりそうなりました。
虫歯にはなっていませんが、何か悪くなる前に取り除かなければなりません。
見た目も悪くなります。

IMG_9193

写真は、ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ 乾電池式です。

上述の音波アシストブラシと異なるのは、実際にブラシが動くことです。
こちらの方が磨いたという実感が湧きやすいです。

私がこれを使うのは、月に1,2回ですが、研磨剤入りの歯みがきをつけて着色汚れを取るようにしています。

ちょっと大きいので、毎日使いたいという気持ちにはなれないのですが、磨いてきれいになったことは目視でも確認ができています。






虫歯や歯周病を減らして、健康な歯で美味しい食事をしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前に、歯みがきがおろそかな時期がありました。
それ以後に、歯茎の後退や歯垢の沈着が気になるようになりました。

歯みがきの回数を増やしたり、歯ブラシや歯間ブラシ、歯みがき剤、洗口液などいろいろと調べたり試したりしました。

最近になって、茶色い歯石のようなモノが付いており、歯周病になっているのが不快です。
意識している割にはきれいになっていなかったようです。

次に試すのは電動歯ブラシということで、買ってみたのはライオンのシステマ音波アシストブラシです
IMG_9056

食事後に早速使用したのですが、歯の表面が綺麗になったのを実感しました。
いつもよりも優しく磨いているのですが、音波による振動で、まるで汚れが浮かび上がってくるようでした。

手で磨いていたのが、どれほど不十分であったか。


さて、私が買い物の時に参考にするのは、やはり製品のレビュー。
取扱の品数の多い Amazon です。

システマ音波アシストブラシは、今回店頭で購入しました。
通販して1日待つ時間が勿体なかったので。価格は Amazon のほうが安いです。

Amazon での評価は、評価の高さも参考にしますが、レビューの件数も参考にします。
音波アシストブラシには200件を超えるレビューが付いていました。利用者が多いことも商品の良さがあるからだと思います。


改めて、Amazon のサイトを見ると、電動歯ブラシで売れ筋ランキング1位はブラウン オーラルB プラックコントロール 乾電池式です。

電動歯ブラシとして入門の製品で、充電式でなく乾電池を取り替えるのが手軽なのもメリットだと思います。
ちなみにレビューの件数は2,000件を超えています。すごい。
それでいて評価も高めです。

こちらの製品は通販で購入しようと思います。



気持ちとしては、まずは歯科医にかかって歯垢を取って貰うのが理想なのですが、立場上経済的に難しいです。
それなので、普段の歯みがきを充実させて、これ以上歯周病を悪化させないよう対策したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ