のんびり生きたい

日々の出来事を書きます

金融

Yahoo! Japan カードの利用で、PayPay決済、PayPay残高チャージ、および nanacoチャージの際に付与されていたTポイントですが、2020年2月1日よりこれらの取引では付与対象外となります。


2020年2月1日0:00までに売り上げ情報が届いていない場合も、付与対象外とされています。

詳しくはこちらをご確認ください。
https://notice.yahoo.co.jp/card/archives/yjc_20191223_b1.html



このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE アプリ内の 「LINE ポイント」アカウントから、交換についての改訂のお知らせがありました。
LINE ポイントから他のポイントなどへの交換が、順次終了となります。

以下は2019年12月27日15:00に終了する交換先です。

2019年12月27日 15:00に終了する交換先》
■dポイント
■nanacoポイント
■メトロポイント
■ベルメゾン・ポイント
■JALマイレージバンク
■Amazonギフト券()
■Pontaポイント(※)
■選べるe-GIFT()
※がつく交換先については、在庫状況により交換受付終了日時よりも早い時期にて交換終了とさせていただく場合がございます。

私が注目するのは以下の内容です。
2019年12月31日23:59に終了する交換先です。

2019年12月31日 23:59に終了する交換先》
■LINE Pay
※コード支払い時のポイント利用は引き続きご利用いただけます。

これまで私は、LINE ポイントを LINE Pay 残高へ交換して使ってきました。
この知らせは、私にとってはとても残念な内容です。

詳細は、LINE アプリ内の 「LINE ポイント」アカウントからのお知らせをご覧ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨取引所のディーカレットが、電子マネーへの交換、チャージを開始しました。


対象の電子マネーは、au WALLET、楽天Edy、nanaco の3種類です。
IMG_3107


ディーカレットでは、BTC、ETH、BCH、XRP、LTC の取り扱いがあります。
今回の電子マネーへのチャージ・交換には、どの暗号通貨でも対応しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

7pay
7pay の不正利用が問題になっています。

最大の原因は、パスワードを簡単に変更できる仕様だった、ことだと思われます。

7payクレジットカード不正利用:第三者乗っ取りがあり得る致命的な2つの弱点


コード決済の7payは、スマートフォンのセブンイレブンアプリの中の機能の一つとして実装されています。
7pay を利用するためには、7iDとの紐付けをおこないます。


7iD とは、7&i が運営するショッピングモールであるオムニ7のアカウントにもなっています。
この 7iDのパスワード変更が、以前より容易におこなえる状態であったのです。

パスワードの再設定は、あらかじめ登録した生年月日とメールアドレスがわかっている場合に簡単にできました
再設定の際には、別のメールアドレスへ通知させることが可能でした


7iD のパスワードをいくら難しくしていたとしても、7iDの持ち主が気がつかない間に、パスワードを再設定することが可能でした。


この記事を作成する時点で確認した所、パスワード再設定を通知するメールアドレス入力欄は表示されていません。
しかし、開発者ツールを使うと入力欄を復活させることができ、パスワード再設定までおこなえる状態に変わりはない、との指摘があります。

オムニ7


https://www.omni7.jp/account/OP_OSD0013_001.do?mmbrRgstType=4



追記2019/7/4 19:25

2019年7月4日14:00から、7pay不正利用に関して、セブン&アイによる会見がおこなわれました。
テレ東news のYouTubeチャンネルに、アーカイブ動画がありますので、リンクしておきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱UFJデビット
三菱UFJデビットの年会費が無料になります。

三菱UFJ銀行の公式ウェブサイトによると、2019年7月1日から2020年6月30日までの期間に、新規でデビットカードを申し込むと、年会費(1080円)が無料になります。

デビットカードの有効期間は発行から5年間となります。
VISA または JCB からブランドを選択することができます。

年会費の無料期間はその後も継続されるかもしれないとも触れられています。
5年後に年会費が発生する場合は事前に通知されるとのことです。

詳細は三菱UFJ銀行公式ウェブサイトをご参照ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ